読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なきにしもあらず

何も考えずただただ思うことを書くだけ。

予定変更して時事ネタ

こんばんは。結局11/07には記事書けていませんが翌朝までは今日ということで。

 

本当はこの記事書くつもりなかったんですがあまりにしんどくなってしまったので

心情吐露ってことで書いてみます。

 

TOKYO DESIGN WEEK神宮外苑の火災です。

www.asahi.com

 

これね。。。

正直、燃え後見るのもツラいです。

私自身はこれに関して何の思い入れもないし関係者の方も全く存じ上げないのですが

娘が産まれてからこういう事故のニュースが本当にしんどいです。

 

作った学生たちは純粋にアートとして制作していただろうし、子供たちこんなのあったら絶対喜ぶと思うんですよ。実際亡くなってしまったお子さんも出火直前までめっちゃくちゃ楽しかったんだろうなと思うわけです。

絶対満面の笑みで中に入ってたんだろうなと考えると本当に悲しい。

 

個人的には常に「ワンミスで人生を棒に振らせてはいけない」と思っているのでこれ以上学生の子たちを責めてほしくはないなと思ってはいます。

もちろんその「ワンミス」でお子さんの命が失われてしまったのは事実だしもう取り返しのつく状況ではないので可能な限りの保障はしないといけないのですが、まかり間違っても学生が自殺してしまうとか、退学になってしまうとかそういうのはちょっと違うのではないかと思うのです。

 

彼らは一生罪の意識を背負い続けることになるでしょうし、ご遺族は悲しみがずっと続くのですが、外野がどうこういって炎上させ続けるのもなんか変だなと。

実際、この学校の学祭実行のツイッターアカウントに誹謗リプライしてるのも見てますがさすがにその子たち関係ないじゃんとしか言いようがない。大学をあげて全員が全員悲しみに暮れろ、ってのは外野が言うことではないと思うのです。

 

悲しいけれど、こういう場合の解決方法ってお金になってしまうのが現実。

お金はどうにでもして払ってくれとは思うけれど命をもって償ってほしくはないしそうすべきではない。今のネットの状況は「私刑」だから気持ちが悪いのです。

これが裁判の結果「過失致死」とか認定されるならその罪はきちんと償うべきだけど、

私刑に対して何らかのアクションはしてはいけないのです。

たとえ遺族の要求だったとしても。

 

もし自分の娘が同じ事故に巻き込まれたら、と考えると冷静でいられる自信は微塵もないです。だからこそ、せめて周りは冷静であってほしいと思っています。

 

みんなが笑顔でいられる方法を選んでいければいいなと思っています。

少しでも。